自称敏感肌は合わない化粧品を使っている

最近は、敏感肌であるという方も増加しているのですが、実際には化粧品によって肌が不安定になっている方も多くなっているのです。化粧品は、それぞれに配合している成分が違っています。人により、お肌に合わない成分や刺激の強い成分を配合している化粧品により、敏感肌を発症しているケースもあるのです。

まず、自称敏感肌の方は、刺激の強い成分を配合していたり、皮脂を過剰に除去してしまう形の化粧品を使用していることが多い特徴があります。化学的な成分の場合、お肌に過剰に刺激を与えてしまいますので、敏感肌になりやすくなるのです。また、毛穴や皮脂の分泌が気になる方は、とにかく洗浄成分が強い洗顔料を使ったり、皮脂の分泌を抑える目的でアルコールを多く含んだ化粧品を使ってしまいがちです。ただ、洗浄効果の高い洗顔料を使うことで、皮脂を過剰に取り除いてしまい肌の乾燥を呼び込んでしまいます。

お肌の水分や皮脂のバランスが崩れることで、肌が乾燥しやすくなり外的な刺激からお肌を守ることができなくなってしまう為、自称敏感肌になってしまうのです。また、アルコールについても、お肌に負担をかける元となります。アルコールの場合、肌の細菌を抑える効果がありますので、ニキビ対策用をはじめ、多くの化粧品に配合されています。

ただ、アルコールは、お肌に刺激も強くつけ続けることで肌の状態も不安定になってしまうのです。この状態が長く続くことで、肌が敏感になりやすくもなってきます。このように、自称敏感肌の方は、もともとの体質ではなく使用している化粧品によって、敏感肌を発症しているのです。今現在、アルコールなどの肌に刺激の強い成分を配合した化粧品を使っている方は、アルコールなどの化学成分を使用していないものを使うことでお肌の状態も安定してきますし、洗浄成分の強い洗顔料を使っている方は、成分の優しい洗顔料に変えることで、肌の敏感さも改善できるようになってきます。