自称敏感肌は誤った洗顔をしている

肌が敏感、刺激を受けやすいという敏感肌の悩みを抱えている人は少なくありません。でも、そういった方の中には実は敏感肌ではない自称敏感肌の場合もあります。

合わない化粧品や間違ったお手入れが肌を敏感にしてしまっている場合もありますので、まずは普段のお手入れを見直していきたいものです。敏感肌の方で特に気をつけたいのは洗顔です。

メイクや皮脂汚れ、毛穴の汚れを落とすためには洗顔は欠かせないものですが、洗顔やクレンジング時は時に肌に刺激を受けやすいものです。そして自称敏感肌といわれる方は間違った洗顔を行っていることが多くなっています。

まず、肌の汚れをしっかり落としたいからと、洗浄力の強すぎる石鹸や洗顔フォーム、クレンジング剤を利用している、肌の汚れを落とすときにゴシゴシこすってしまっている、温度の高いお湯を使っているなどがあげられます。そしてきれいにしたいからと肌を洗いすぎてしまったり、洗顔ブラシなどで肌を傷つけてしまっている場合もあります。

それゆえに洗顔後特に肌に刺激を感じると言う場合は洗い方を改めてみましょう。まず石鹸やクレンジング剤はできるだけ肌に刺激の少ない優しいタイプを選んでいきましょう。洗うときもゴシゴシこするのではなく、よく泡立てて、その泡で優しく汚れを落としていきます。すすぎのときもお湯の温度には気をつけてぬるま湯を使うこと、このときも肌をこすらず優しく泡を洗い流していきましょう。

洗顔ブラシなども便利ですが、肌が敏感になっている場合は使わず手を使って洗う事がおすすめです。水分をタオルで拭き取るときもこすらずに、肌を優しく押さえるように水分を拭き取っていきたいものです。そして洗顔を改めることで敏感肌の症状が軽くなった、敏感肌ではなくなったという場合は自称敏感肌である可能性が高くなっています。そして洗うときだけではなく、スキンケアの方法なども改めて肌質を改善できるようにしたいものです。