自称敏感肌とは

敏感肌用のスキンケア商品や基礎化粧品が増えたこともあり、それにともなって自称敏感肌の人も増えたように感じられます。自称敏感肌が増えた背景には、思い込みやそのようなスキンケア商品を会えて使用して健康な肌を敏感にしてしまっているという間違った知識が影響していることが考えられます。

敏感肌専用のスキンケア商品を、イコール肌にやさしいスキンケア商品と勘違いする方が増えたことで、自分の肌は敏感であると感じ街をする方が急増しました。敏感肌専用のスキンケア商品は、敏感な肌を考慮して刺激を抑えてより刺激の少ない成分を使用しています。コスメティックスでも、発色を良くする効果のある鉱物由来成分の使用をあえて避けて、植物由来成分を使用しているので発色が抑えられていることがあるのです。

そのため、クレンジングも洗浄力の弱いものでも十分なので、総合的に肌への刺激の軽減に貢献しています。鉱物由来成分を含まないコスメティックスと低刺激のクレンジングオイルの組み合わせであれば、コスメや肌の汚れを綺麗に落とすことができます。他方、鉱物を使用した発色の良いポイントメイクに低刺激のクレンジングオイルを使用してしまうと、落とすべき鉱物や汚れが落とせないという状況を作り出してしまいます。

その結果、肌に汚れが溜まっていくため、結果として健康なお肌を自ら意図せずに敏感肌にしてしまっているのです。このような自称敏感肌の発生は、美容業界の意図したところではないため、憂慮しなければならない状況でもあります。このように自分の肌が敏感であるとの思い込みを避けるためには、コスメコーナーでの肌診断をおすすめします。

データに基づいて自分の肌の状態と体質を客観的に見ることができ、そのデータにそってスキンケアやコスメを選ぶことができるので、敏感肌であるとの思い込みによる間違ったスキンケアを防ぐことができるので、自称敏感肌になることを防ぐことができます。