敏感肌ってどんな肌?

敏感肌というのは実は病名ではありません。お肌が敏感に反応している状態のことを指します。例えば化粧品を使ったときに化粧品に含まれている成分により敏感に反応してピリピリとしてしまったり赤くなってしまうことも敏感肌といいます。

その他にも衣類などに反応することも敏感肌と言う場合もあります。化学繊維の含まれている衣服の場合は化学繊維による刺激に敏感に反応してお肌が赤くなるのです。その他にも広い意味ではアレルギーなども敏感肌に含む場合もあります。

花粉症の症状といえば風邪のように鼻水や咳が出ることを思い浮かべますが、実はお肌が赤くなったりかゆくなるなどの症状が出ることもあるのです。これは花粉の刺激に対して敏感に反応しているしるしでもあります。また、敏感肌と言えば食物アレルギーもこれに当たります。食物アレルギーとは特定の食品を食べたときに蕁麻疹などが出る症状のことなのですが、食物に対して敏感に反応し、拒絶をした結果なのです。

他にも金属や動物に関するアレルギーなどもあります。これらの場合も皮膚がかゆくなったり赤くなったりします。敏感肌になる要因には色々とあるのですが、食物や接触性の敏感肌の場合は元々の生まれ持った体質であることが多いのです。それに対して食物や接触性の敏感肌でない方で化粧水などに敏感に反応する場合には間違ったケアをしたことが原因であることが多いのです。

例えばうるおいの補給が不完全であったり、過剰に洗顔をしたことが原因でなってしまうこともあります。これらの要因で乾燥肌になるのです。通常はお肌というものは油分と水分による天然のクリームによって表面を守られている状態になっています。ですので少々の刺激があっても反応しないのです。しかし乾燥することによってその天然のバリアが薄れてしまうために普段なら過剰に反応しなかったのが反応してしまうのです。

このような後天的な敏感肌の場合には対策をすることによって解消できます。水分を補給したり正しい洗顔についての知識を得ることです。実際にこれによって問題を解決してる方もいらっしゃいます。また敏感肌といえば顔の皮膚だけのイメージがあるかもしれませんが、皮膚全体が敏感肌の対象となります。ですのでいわゆる主婦性の手荒れなどもこれにあたるのです。

洗剤でお皿洗いをし続けたことによって手の油分がすべて損なわれるのです。そのために水がついただけでも痛みを感じてしまうこともあります。敏感肌をそのまま放置していますと更にひどい症状となりますので気を付けなければいけません。あまりにもひどい場合には皮膚科などに通って治療を受けてください。